放置すると危険な腰部脊柱管狭窄症|知っておきたい心筋梗塞の症状

看護師

突然倒れる危険な病

ハートを持つ看護師

急激な症状によって、突然その場で卒倒するなどの症状をきたす病といえば、心筋梗塞が挙げられます。心筋梗塞とは、冠動脈が詰まってしまうことで心臓の動きが停止してしまう病です。主な原因といえば動脈硬化が挙げられ、長年の不摂生な生活によって高血圧となっている人に現れやすい病です。発症してすぐに病院に運ばれれば、CCUでの治療によって一命を取り留めることができるでしょう。しかし、発見が遅れ心筋梗塞の状態が三十分以上経過した場合、心筋が壊死してしまうことや脳の神経に影響が与えられるため、問題となるのです。この心筋梗塞は発症するまえに前兆のような自覚症状が現れるとされています。突然呼吸が苦しくなり、胸や胃が痛みだしてしまうことが症状としてみられます。冷や汗や脂汗が出るほどの強烈な症状が現れるため、誰でも異常であることがわかるでしょう。このような症状が見られた場合、速やかに専門の循環器内科などで診察を受けましょう。

心筋梗塞への治療法として行なわれる方法には、薬物療法と手術による外科療法の2つが行なわれます。薬物療法では、血液の流れを促進させる薬を使用します。動脈硬化によって細くなった血管を拡張させる薬や、血液の凝固作用を抑える薬を使用することにより、心臓への血液の流れを改善することができるのです。心筋梗塞への外科療法では、冠動脈バイパス手術が行なわれます。血管が詰まってしまった冠動脈を別の血管へと繋ぎ、心臓へ血液が流れるようにする手術方法なのです。冠動脈バイパス手術は患者さんの命が危ない緊急の状態で行なわれるので、初期症状によって治療を受けるひとであれば、薬物療法による治療法が採択されるでしょう。早期発見によって、体に負担が掛からない治療法を受けられます。