放置すると危険な腰部脊柱管狭窄症|知っておきたい心筋梗塞の症状

看護師

早期発見できる検査法

病院

多くの病には、罹患することで体に不調や痛みなどの異変が現れるものです。しかし、体の部位によってはこの異変に気づきづらい部位もあるため、注意が必要となります。体の奥にある臓器のすい臓がこの注意すべき部位にあたります。たくさんの人の命を奪うがんが、このすい臓に発生した場合、気づいた時にはすでに末期状態となっている場合もあるのです。すい臓がんの初期症状は、多くの場合日常でも気に留めない程度のものであるため、見落とされることが多い病です。食欲の不振や便秘、胃や背中の漠然とした不快感などが挙げられるため、罹患したとしても気づきづらいものなのです。このすい臓がんを早期発するためには、定期的な病院での健診が必要となります。がん検診を専門に行なう病院か、人間ドックなどを定期的に受けることで、早期発見に役立てられるでしょう。

すい臓がんを発見する検査方法として、超音波検査が挙げられます。超音波のエコーの状態によって。臓器の形状の変化がわかります。腫瘍ができていれば超音波のエコーにも異変が見られるようになるので、すい臓がんの存在を発見することができるでしょう。また、最近ではPET検査と呼ばれる方法も注目されています。このPET検査は、全身のグルコースの摂取量を調べる検査方法です。がん細胞は、通常の細胞よりもたくさんの糖を摂取する特性があります。PET検査によってグルコースに似た検査薬を服用し、検査薬の流れを撮影することで、どの部位にがん細胞が存在するかを調べることができるのです。すい臓がんのような見つけづらいがんもすぐに発覚できるので、現在では多くのがん治療を行なう病院で導入されている検査方法なのです。