放置すると危険な腰部脊柱管狭窄症|知っておきたい心筋梗塞の症状

doctor

突然倒れる危険な病

ハートを持つ看護師

心筋梗塞は、冠動脈の流れが詰まってしまうことで引き起こされる病です。動脈硬化が原因とされており、初期症状として動悸や急激な胸の痛みが現れるとされています。治療法としては、血液の流れを促進する薬剤での治療法ほか、冠動脈バイパス手術による治療法が行なわれます。

この記事を読む

神経を圧迫する症状

看護師

高齢の人となれば、体の節々や腰の痛みも顕著となるため、つらい腰痛が発症したとしても歳のせいだからと片付けてしまうでしょう。しかし、腰痛をもたらす症状は、加齢だけが原因とは限りません。骨の変形によって神経が圧迫され、痛みのシグナルが発生している場合もあるのです。腰の骨の変形によって現れる症状といえば、腰部脊柱管狭窄症が挙げられます。腰部脊柱管狭窄症とは、腰の脊柱管と呼ばれる神経が通る脊椎が変形を起こし、狭くなった脊柱管によって神経が圧迫され痛みが生じる病です。通常の腰痛は、腰の筋肉の炎症からもたらされる痛みなので、腰以外に異常が現れることはありません。しかし腰部脊柱管狭窄症は、神経の圧迫によって下半身の麻痺が発生することがあるのです。神経の圧迫により、歩いている最中に頻繁に足の痛みやだるさで休むことになる間欠性跛行と呼ばれる症状や、頻繁にトイレへ行くことや失禁の症状が現れるようになります。手足の痺れは神経に何らかの影響が出ている証となるので、痺れなどの異変が見られた場合は、すぐに専門の病院へと向かいましょう。

腰部脊柱管狭窄症による治療では、神経を圧迫する骨を削る手術が高い効果を発揮します。変形した椎弓と呼ばれる部位を削る開窓術によって、腰部脊柱管狭窄症の症状をすぐに改善させることができるでしょう。この開窓術はあまりに症状が重い場合に用いられる手術法なので、症状が比較的軽い場合は体に負担のかからない、保存療法が用いられることがあります。筋肉の炎症を抑え、痛みによる負担を取り除く薬物療法や、骨の負担を和らげることで神経への圧迫も抑える装具療法が用いられます。体力的な問題で手術が困難である高齢者でも、この保存療法であれば問題なく受けることができるでしょう。

若者に現れる病

病院

若者に多く現れるがんといえば、骨肉腫が挙げられます。放置することで全身にがん細胞が転移してしまうこととなるので、初期症状が現れた場合速やかに病院へ診察を受けましょう。がん腫瘍を摘出する外科療法のほか、抗がん剤を使った化学療法が治療に用いられます。

この記事を読む

早期発見できる検査法

病院

がんの中でも発見されにくいがんといえば、すい臓がんが挙げられます。他のがん種とは違い、体の奥にあるすい臓に発症する病なので、自覚症状が現れにくいがんなのです。早期発見するには定期検診が重要であり、超音波検査やPET検査を行なう病院で調べることで発見できます。

この記事を読む